hibi-ki的 がんばらなくていい移住
# 3
山梨県都留市
都心に近い森の学び場
2021.5.13

都会を出て地方で暮らす。そんな生き方が当たり前になってきました。ハードルは低く、意識も気軽に、移住できる場所を編集部が探しました。そこにはどんな働き方や生き方があるのでしょうか。全国各地の人や地域を訪ね、森や自然のある暮らしを紡ぐためのヒントを探っていきます。 “移住実践編”の第3回は、都心から比較的近い、富士山麓にある山梨県都留市です。

写真:西山 勲/文:田中 菜月

都留市のオススメポイント9

都留市での実際の暮らしや仕事、移住のあれこれを知るため、9つの視点に記事を分けて紹介していきます。気になるところから読んでみてください。

1
都留市ってどんなところ?
2
学校をはじめた森林組合
3
三者三様の組合職員
4
仕事を遊びにする保育園児たち
5
どんな子でも俺んとこに来い!
6
“変な人?”を養成する大学
7
DIYでグランピング場をはじめた移住者
8
移住したらこんな特典が!
9
森林組合に入ったら?

子どもから大人まで
森に学ぶ場が充実

都留市は山梨県の東部に位置し、人口約3万人が暮らす小都市です。1000m級の山々と豊富で清らかな水資源に恵まれている一方で、都心から車で約70分というほどよい生活環境の地域でもあります。自然農法で農業をはじめたり、薪を自分でつくってストーブの燃料にしたり、自然に近い暮らしを見出す移住者も増えています。

また、市内に大学が3か所あるなど教育面に特徴があります。特に子どもから大人まで“森に学ぶ場”がさまざまな形で展開されています。自然を通じていろんな人と関わることで感受性を育んだり、森への関わり方を知ったり、地域にあるフィールドや資源を活用した取り組みが伸びてきています。

南都留森林組合で
森の担い手を募集中!

山梨県の都留市・上野原市秋山地区・南都留郡道志村・南都留郡西桂町を対象エリアに森林整備などを行う『南都留森林組合』では現在、森の担い手を募集しています。「未来につながる森づくり・森を軸とした地域づくり」を目標に掲げ、木材の生産だけでなく、森林という空間を活用した学びの場を提供するなど、これまでの森林組合の枠を飛び出した活動をはじめています。

移住者や地元住民などの取材記事も合わせて読んでみてください。興味がわいてきたら下記の窓口に問い合わせてみたり、実際に都留市へ行ってみたりするのもいいですね。都留の森に分け入り、深呼吸して自然を感じ取ってみてください。

南都留森林組合の求人に興味のある方はこちらへ

【地域のことや移住に関する問い合わせ】
都留市役所移住・定住相談センター
山梨県都留市上谷1-2-3都留市エコハウス内
TEL 0554-56-7511
tsurusousei@city.tsuru.lg.jp
HP https://www.city.tsuru.yamanashi.jp/teiju/index.html
Twitter https://twitter.com/TsurucityKouhou
Instagram https://www.instagram.com/tsurusousei/
Facebook https://www.facebook.com/kouhou.tsuru

田中 菜月 (たなか・なつき)
取材・記事執筆担当。印刷会社で働いていた数年前、ふと森に関わる仕事がしたいと思い立ち林業の学校へ。それ以来どっぷり森の沼にハマる。もう抜け出せない。伐木作業者特別教育修了/狩猟免許の更新忘れた…/休日はアイドル、キャンプ、純喫茶巡り、読書。