葉が揺れたり、枝が折れたり、森や木は多彩な音を奏でています。日々の暮らしの中で、そうした「静かな音」に耳をすませてみたい。そんな思いでこの連載をスタートさせました。第1回は「火」にまつわる薪ストーブの音です。やさしい物語の音色とともに。

編集・文:加藤直徳/映像制作:田中菜月

薪は、山ごもりの生活にはなくてはならないもの。

薪はね、いろんな種類があるよ。

カラマツ……

きれいに紅葉する針葉樹。よく燃えるけど、朝まではもたないね

ブナ……

よく燃えて長持ちするよ。よーく乾かせて使おう

クヌギ……

どんぐり拾いしたの覚えてる?この木だよ。木炭の材料にもなる

ナナカマド……

すごーく堅い木なんだ。7回くべても燃えないことからこんな名前に

リンゴ……

果物としては知ってるよね。燃やすといい匂いがして燻製にも向いている

せっせと薪割りして、乾燥させた木を薪ストーブに投入する瞬間。

至福の時間。ウイスキーなんか持ってきちゃったりして。

本を読むのもいいよね。

パチパチパチ……火の音に合わせて、読み聞かせしてあげようか。

そうするうちに、じんわり暖まってくる。

やっぱり火はいいよなあ。

加藤 直徳 (かとう・なおのり)
編集者。鎌倉(山側)在住。NEUTRAL、TRANSIT、ATLANTISなどの雑誌の編集長を経て、現在印刷まで手がける出版社「NEUTRAL COLORS」を主宰。雑誌NEUTRAL COLORS編集長。hibi-kiはコンセプト作りからDirectorとして参加。各連載も担当する。山は登るより眺めるのが好き。
関連記事