にっぽん 民藝 journey
# 7
ぽってりかわいい
伝統漆器
2021.2.24

日本の木を中心とする自然素材でつくられた民藝や日用品、その作り手を取り上げる「にっぽん民藝journey」。響 hibi-ki STOREで取り扱うアイテムの中から、とっておきの一品をピックアップ。今回は漆器の伝統技術がつまったお椀を紹介します。

写真:編集部、生産元/文:田中 菜月

業界の常識を飛び越えながら
実直につくり続ける職人たち

「しらさぎ椀 sibo」5,000円(税抜)
ピンク/グリーン/ベージュ/グレー

ぽってりとした色味とやさしい木の風合い。この組み合わせが印象的な「しらさぎ椀 sibo」は、絞漆(しぼうるし)という特殊な漆塗りの技法で仕上げられていて、上質な革のような、独特な手触りを持ちます。丈夫ですべりにくい点も、食器の機能性として欠かせない要素です。

このお椀をつくるのは、石川県・山中温泉のさらに山奥にある「白鷺木工」。3世代にわたって伝統工芸品の山中漆器を中心に、椀、盆、丸膳など丸い形の木の器(丸物木地)をつくり続けてきました。

電動ろくろや木工旋盤(せんばん)で木を削り、形を仕上げていく。

製造の各工程を分業することが業界の常識となっている中、白鷺木工では材料となる原木の仕入・木取り(材を必要な寸法に切ること)から仕上げまでを一貫して製作しています。国産の木だけを使った、本物の日本製を実直につくる稀有な工房なのです。

「上質な器を使いたい人に届けたい」と、職人による手加工と量産化のバランスを熟慮し、生産体制を試行錯誤してきました。すべては引き継がれてきた伝統工芸を絶やさぬため。時代とともに歩み、柔軟に形を変えながら、山中漆器を世に届けています。

「しらさぎ椀 sibo」販売ページ

田中 菜月 (たなか・なつき)
取材・記事執筆担当。印刷会社で働いていた数年前、ふと森に関わる仕事がしたいと思い立ち林業の学校へ。それ以来どっぷり森の沼にハマる。もう抜け出せない。伐木作業者特別教育修了/狩猟免許の更新忘れた…/休日はアイドル、キャンプ、純喫茶巡り、読書。